平成28年1月(個人番号の利用開始)以前のマイナンバー取得が可能に

2015-02-24

マイナンバー制度を中心に、東京、神奈川、埼玉で活動している社労士の山上幸一です。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

企業の、平成28年1月(個人番号の利用開始)以前に、従業員などから個人番号を収集することは可能となりました。 

内閣官房平成27216日発表で、個人番号の通知を受けている本人から、平成28年1月(予定)から始まる個人番号関係事務のために、あらかじめ個人番号を収集することは可能です。とされました。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/zigyou/jizenshushu.html

詳しくはこちらhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/zigyou/jizenshushu.pdf

 したがって、企業は、社員に対して、今年12月の年末調整・扶養控除等申告書の回収時に、個人番号を回収するため、通知カードのコピーを社員本人、扶養者も含めて回収することができます。

なお、企業には、安全管理義務がありますので、本人確認義務、取扱規定の策定、守秘義務規定の策定、社員研修等が終わっていることが前提となると考えられます。

 

準備は、すすんでいますか?

 

マイナンバー制度対策も、当事務所にお問合せください。

 

やまがみ社会保険労務士事務所 山上幸一

 

 

ご相談は無料です。お問い合わせはこちら

←「」前の記事へ 

 次の記事へ「」→