人事評価改善等助成金Q&Aその1

2017-06-10

制度整備助成50万円と目標達成助成80万円で合計130万円の人事評価改善等助成金がスタートしました。
 制度整備助成50万円を中心に、問合せが多い項目をまとめてみました。

Q1 制度整備助成50万円の支給申請時期はいつですか?
A1 人事評価制度等の実施日の翌日から起算して2か月以内です。例えば月末締翌月20日支払の事業主で、平成29年7月中に計画申請して、賃金表に9月1日であてはめ、10月20日に賃金を支払えば、10月21日から2か月以内です。

Q2-1 制度整備助成50万円を支給されたあと、目的達成助成80万円を支給申請しない時には、50万円の返還などのペナルティはありますか?
Q2-2 昇給時期を翌年4月としていますが、2%以上アップしないと、50万円の返還などのペナルティはありますか?
A2 ペナルティはありません。制度整備助成50万円を支給の要件は、人事評価制度等の実施であり、目標達成とは別の問題です。

Q3 創業1年目で、目標達成助成80万円の生産性要件である3年前の会計期間がなく、目標達成助成はもらえない事業主ですが、人事評価改善等助成金の制度整備助成だけでも50万円は申請可能ですか?
A3 人事評価改善等助成金の制度整備助成50万円は申請可能です。生産性要件を満たさないため目標達成助成80万円は支給申請はできません。

Q4 飲食店を個人で行っている雇用保険適用の個人事業主ですが、人事評価改善等助成金を申請できますか?
A4 雇用保険適用(正社員必須)の事業主であれば、申請できます。

Q5 3か月前に、事業主都合の離職(解雇)をしていますが、人事評価改善等助成金は申請できますか?
A5 まず、人事評価改善等助成金は計画申請できます。この助成金には解雇による支給の制限がないからです。次に制度整備助成50万円は支給申請できますが、目標達成助成80万円の方は、生産性要件の4会計期間中に解雇があると申請できません。

Q6 正社員が1人でも、申請できますか?
A6 問題なく申請できます。
Q7 短時間正社員は、職場定着支援助成金の対象ですか?
A7 対象となります。ここでの短時間正社員とは、正社員と期間の定めのない雇用、賃金制度等の同じ処遇を受けて、勤務時間だけが短い正社員をいいます。時給の適用されるパートタイム社員は短時間正社員ではありません。

Q8 賃金表、評価制度がすでにあります。
A8 職場定着支援助成金のパンフレットP6のように、② 制度の改定の以下●のいずれかに該当する場合は、申請できます。
職場定着支援助成金のパンフレット↓
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-kugyouanteikyoku/0000163409.pdf

● 2および4(注)について規定していない、または満たしていない状態から、項目全てについて満たすように定めた。
● 1~8の全てを満たした状態から、評価の対象と基準、評定と賃金の関係、賃金規定について、さらなる生産性の向上に資するものとなるよう更に定めた。

2 評価の対象と基準が明確であり(※)、労働者に開示していること。
※能力・技能・資格・行動・コンピテンシー・努力・姿勢・情意、成果・業績など、労働者個人の意思によって向上させることができることが可能な項目を対象とするものであり、年齢または勤続年数のみで評価が一義的に決定されるものでないことが必要です。
4 人事評価制度に基づく評定と、賃金(諸手当、賞与を含む)の額またはその変動の幅・割合との関係が明確であること。

Q9 職場定着支援助成金の資格手当制度(評価・処遇制度)を平成29年3月8日に計画申請しました。人事評価改善等助成金は申請できますか?
A9 『職場定着支援助成金(保育労働者雇用管理制度助成コース/制度整備助成、介護労働者雇用管理制度助成コース/制度整備助成)』を受給している場合は制限があります。
(平成29年3月31までに職場定着支援助成金の計画認定申請をしていた場合を除く)ただし、平成29年3月31までに職場定着支援助成金の計画認定申請をしていれば、人事評価改善等助成金は申請できます。

Q10 職場定着支援助成金の研修制度、健康づくり制度と人事評価改善等助成金は同時に申請できますか?
A10 『職場定着支援助成金(保育労働者雇用管理制度助成コース/制度整備助成、介護労働者雇用管理制度助成コース/制度整備助成)』を受給している場合は制限がありますが、職場定着支援助成金の研修制度、健康づくり制度は制限はありませんので、人事評価改善等助成金は同時に申請ができます。

新しい人事評価改善等助成金でも、当事務所にお問合せください。

やまがみ社会保険労務士事務所 代表 山上 幸一

ご相談は無料です。お問い合わせはこちら

←「」前の記事へ 

 次の記事へ「」→