平成31年度助成金改正情報 人材確保等支援助成金・働き方改革支援コース

2019-01-31

人材確保等支援助成金に新たに追加された働き方改革支援コースの情報です。
要件として、時間外労働等改善助成金を受けた事業主であること。
また、新たに労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を達成した場合に労働者1人当たり60万円の助成を行うことになります。

事例
労働者10人の会社が11時間の勤務間インターバル制度を実施し、
112.5万円の求人広告、133,334円の就業規則改定料金を支出

平成31年度の時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)は、
30人以下の労働能率の増進にかかる経費は4/5の助成、
① 112.5万円の4/5で90万円
就業規則改定費用は3/4の助成
② 133,334円の3/4で10万円
合計100万円

人材確保等支援助成金・働き方改革支援コースでは、
新たに3人の労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を達成した場合に60万円×3人で180万円

 人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

ご相談は無料です。お問い合わせはこちら

←「」前の記事へ