ブログ

第2次補正予算関係助成金等の「無料」セミナーのお知らせ

2020年6月22日

助成金セミナーのお知らせになりますが、
株式会社ビズアップ総研様の主催
2020/06/30(火) 13:30~16:40(開場13:00)で
【オンラインセミナー(Zoom)】
助成金の申請実績1200件、受給額約9億円、成功率100%の社労士が解説
コロナ禍の今こそ活用したい 返済不要の資金調達『助成金』
助成金のセミナーの講師として、登壇いたします。
登録のみで先着300名で 無料となっています。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.bmc-net.jp/seminar/2020/046/

● 雇用調整助成金 2次補正における変更点まとめ
● 申請様式の変更点と申請書類の作成ポイント(書式ダウンロード可)

● 【時限特例7/29まで】働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)
● 2/17まで遡求OK、併給調整無しの超優良助成金
● 申請書類の作成ポイント(書式ダウンロード可)

● 【新設】新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金
● この制度の問題点と申請方法

● 【新設】新型コロナ対応休業支援金とは
● みなし失業のコロナ特例版?!7月受付開始か?

● 家賃半年分の一部を支援する家賃支援給付金
● 最大で「家賃の3分の2×半年分」を援助
● スムーズに申請するコツを解説

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)7/29まで

2020年6月22日

1. 働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)について
最大50万円・8割とし、36協定要件なし、年次有給休暇管理簿要件なしで、他のコースの併給調整がないため、別の対象物では、まず、職場意識改善特例コースの申請後に、勤務間インターバル導入コースが申請できるというメリットがあります。
交付申請期限は令和2年7月29日までです。事業実施期限は令和2年7月31日までです。

2.なぜ、職場意識改善特例コースなのか?
6/2、6/9のアップで、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)では、36協定届が、令和2年5月25日以降、(労働時間短縮・年休促進支援コース)は令和2年4月1日以降に届け出されたものについては、時間外労働が賃金台帳で確認できない場合は対象外、不交付決定となる場合があり、
36協定届要件のない、職場意識改善特例コースが注目されています。
勤務間インターバル導入コースの申請の前に職場意識改善特例コースを申請をご検討ください。

3. 職場意識改善特例コースの特徴
(1)交付決定前の発注等
令和2年2月17日以降の見積、発注、導入を遡って認める。
(2)見積書
発注後の交付申請では、見積書(相見積書)不要。
(3)交付申請期限
令和2年7月29日まで
(4)事業実施期限
令和2年7月31日まで
(5)支給申請期限
令和2年9月15日まで
(6)就業規則に盛り込む規程例
(新型コロナウイルス感染症特別休暇)
第16条の2 従業員は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、次に掲げる状況に該当する場合には、必要と認められる日数について、特別休暇(原則として無給とし、会社が必要と認めた場合には有給とし通常の賃金を支払う)を取得することができる。
(1)  妊娠中の女性労働者、高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患等)を有する労働者から申出があるとき…最大20日間
(2) 新型コロナウイルス感染症に罹患の疑いがあるとき…最大10日間
なお、コロナ休暇は無給でもいい。
以上

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

インターバル助成金の変更点について 東京労働局6/10追伸

2020年6月10日

前年度の違いについて、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の変更点について
https://www.mhlw.go.jp/content/000635895.pdf
1.①の(※3)で
36協定届が、施行日(令和2年5月25日)以降に届け出されたものについては、実際に時間外労働等が行われている事業場(インターバルを導入する必要性が認められる事業場)か否かについて、賃金台帳等により確認させていただく場合があります(時間外労働等の実態が特段認められない事業場については、交代制等を除き対象外となります。)。

要は、36協定届が、施行日(令和2年5月25日)以降に届け出されたものについては、時間外労働が賃金台帳で確認できない場合は対象外、不交付決定の可能性があります。

さらに、東京労働局HP 働き方改革推進支援助成金について
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/kyoku_oshirase/_120743/_122923.html
【重要なお知らせ】(令和2年6月9日追記)
「労働時間短縮・年休促進支援コース」及び「勤務間インターバル導入コース」の対象事業主の要件として「時間外労働・休日労働に関する協定(36協定)を締結していること」という要件が設定されました。
この要件について、交付申請にあたっては下記をご確認いただきますようお願いいたします。
36協定締結要件について
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000662576.pdf
① 交付申請時に添付された36協定の所轄労働基準監督署への届出日(受付印押印日)が、各コースの交付要綱施行日(労働時間短縮・年休促進支援コース:令和2年4月1日、勤務間インターバル導入コース:令和2年5月25日)以降(当日を含む)である場合には、過去の36協定の書面を確認させていただきます(過去の36協定(写し)を提出していただきます)。
② 過去に36協定の締結実績が全くない場合や複数年にわたって36協定が締結されていなかった場合等、過去の36協定の締結状況から「労働時間等の設定の改善」の必要性を確認できない場合には、全ての対象事業場の労働者にかかる、交付申請以前の「直近6カ月分」の賃金台帳(写し)を提出していただきます。
③ 提出された賃金台帳(写し)からも「労働時間等の設定の改善」の必要性を確認できない場合は、特段の理由がない限り、本助成金について「不交付」となります。
まとめ
以下は、今のところ、東京労働局のみ
36協定の届出が、(労働時間短縮・年休促進支援コース:令和2年4月1日、勤務間インターバル導入コース:令和2年5月25日)前であれば、残業の有無は関係なく、この概念では、交付決定。

36協定の届出が、(労働時間短縮・年休促進支援コース:令和2年4月1日、勤務間インターバル導入コース:令和2年5月25日)以降である場合は、遡って、6か月分の賃金台帳等で残業が確認できる場合は交付決定

2020.6.10.12:30東京労働局電話確認
今後、36協定を届出して、残業をして、残業代を支払った場合、直近6カ月分の賃金台帳の提出で対象とする。
(ただし、何時間、何人必要かの交付決定基準があるかないかを含めて、回答しない)

以上

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 インターバル助成金の変更点について

2020年6月8日

前年度の違いについて、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の変更点について
https://www.mhlw.go.jp/content/000635895.pdf
1.①の(※3)で
36協定届が、施行日(令和2年5月25日)以降に届け出されたものについては、実際に時間外労働等が行われている事業場(インターバルを導入する必要性が認められる事業場)か否かについて、賃金台帳等により確認させていただく場合があります(時間外労働等の実態が特段認められない事業場については、交代制等を除き対象外となります。)。

要は、36協定届が、施行日(令和2年5月25日)以降に届け出されたものについては、時間外労働が賃金台帳で確認できない場合は対象外、不交付決定の可能性があります。

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 勤務間インターバル導入コース 6/1アップ

2020年6月2日

遅れていた「働き方改革推進支援助成金」勤務間インターバル導入コース
申請マニュアル https://www.mhlw.go.jp/content/000635927.pdf
交付要綱 https://www.mhlw.go.jp/content/000635930.pdf
支給要領 https://www.mhlw.go.jp/content/000635931.pdf
がアップされました。

前年度の違いについて、下記について、注意してください。

1. 36 協定が必要となりました。
全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、労働基準法
第36 条に基づく有効な時間外労働・休日労働に関する協定(以下「36 協定」という。)
を締結・届出されていること。

2. 年次有給休暇日数の計画付与または年次有給休暇管理簿が必要となりました。
常時10 人以上の労働者を使用する対象事業場については、年次有給休暇日数の計画付与のある就業規則を提出すること。
常時10 人未満の労働者を使用する対象事業場においては、年次有給休暇が10 日以上付与される労働者全員の年次有給休暇管理簿を提出すること。

3. 助成上限額の加算について
5%以上の賃金加算を実施した場合、労働者数に応じて上限額を加算します。
・1~3人 24万円
・4~6人 48万円
・7~10人 80万円
・11人~30人1人当たり8万円(上限240万円)
※3%以上引上げの場合は最大150万円
交付申請前1月分の賃金台帳の写しと賃金額を改定した後6月分の賃金を労働者に支給した日までの交付に必要な行為の実施状況を6月分の賃金台帳を添付して報告することが必要です。

4.  時間外労働等改善助成金との関係
前年度に時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請した事業主は、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)は申請できません。
なお、働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)は、前年度に、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請した事業主でも申請可能です。

5. 東京労働局_働き方改革推進支援助成金の申請を検討されている皆様へのご案内で今年度の不交付要件、不支給要件を説明しています。申請前によく読んでください。
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/kyoku_oshirase/_120743/_122923.html

労務管理用・労働能率増進機器等(システム・ソフトウェアを含む)の導入(更新を含む)の申請時の注意点は下記のとおりです。

① 交付申請時に、機器等の詳細(開発・製造会社の情報、機器等が有する全ての機能等)が明らかとなる客観的な資料(説明書、パンフレット等)を添付すること

② 交付申請時に提出する「働き方改革推進支援助成金事業実施計画」(様式第1号別添)に、少なくとも以下の点を明記すること
(1) 機器等の導入前にどのような労務管理上ないし業務上の問題を抱えているか
(2) 機器等はどのような機能を有しているか
(3) 機器等の「どの機能により」「どのような問題が」「どのように(どの程度)」改善される見込みなのか((2)のそれぞれの機能による、(1)の問題の改善方法)

③ 機器等の導入に要する費用について、機器等本体の価格の他、「操作指導料」「利用料」「データ移行・登録(労働者情報・顧客情報の登録等)費用」等他の費用が含まれる場合、見積書(相見積もりを含む)に、各費用項目の詳細と金額を明確に区分して記載すること
※ 〇〇機器「一式」というような見積もり内容の場合、見積書の取り直しを求めます。
※ 特にシステム・ソフトウェアを事業主向けに開発、設定等する場合、「開発」「デザイン」「〇〇設計」「△△連携」「××プラグイン」(設定・カスタマイズ)等について、それぞれの(1)担当者、(2)内容、(3)工数(人日)、(4)工数単価及び総費用等が明確となり、適切な事業であると認められない限り交付決定出来ません。
※ 「操作指導」については、労務管理担当者・労働者に対する研修と同様に、(1)担当者、(2)項目・内容、(3)回数・時間(人日)等の詳細を明らかにしてください。
※ 「データ移行・登録」については、(1)移行・登録情報の項目・内容、(2)工数(人日)等の詳細を明らかにしてください。

④ 「システム・ソフトウェア」の場合は、②に加えて以下の点(改善見込みの詳細)を「働き方改革推進支援助成金事業実施計画」(様式第1号別添)の中で明らかにすること(別紙の作成も可)
(1) どの業務について
(2) どのような具体的作業(タスク)があり
(3) 各具体的作業(タスク)はシステム・ソフトウェアの導入以前にどれくらいの工数(人日・時間)を要しており
(4) システム・ソフトウェアの導入により各工数がどの程度削減される見込みか
【例】(1)会計(業務)のための
(2)顧客情報・出入金記録のデータ入力作業(具体的作業(タスク))に
(3)労働者2名が、1日あたり各々2時間入力作業を行い、年間の労働日数がそれぞれ120日のため、年間で計480時間(工数)を要している
(4)システムの導入により、データ入力作業が1日あたり各々の労働者について1時間削減できるため、年間で 1時間 × 2 × 120 = 240時間 の作業時間の削減が見込める(工数削減見込み)
以上

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コース 情報その3

2020年5月14日

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コース
申請マニュアル https://www.mhlw.go.jp/content/000620207.pdf
P19
労働時間等設定改善委員会の設置等労使の話し合いの機会の整備
労働時間等設定改善委員会や衛生委員会などの名称を問わず、既存の会議において議題を追加することでも可。メンバーには使用者と労働者の双方を含めること。
証拠書類として、最低限、参加者名簿、議事録(ひな形等の写しは認めない)、話し合いを行った際の写真を保管・整理すること。

注意1. 労働時間等設定改善委員会の注意点として、メンバーには使用者と労働者の双方を含めること。
労使からの労働時間に関する個別の苦情、意見及び要望を受け付ける担当者に、申請マニュアルの例示のように、総務課長を担当者とし、労働時間等設定改善委員会で、同担当者と労働者が話し合っても、当該総務課長が労働者であるとされると、「メンバーには使用者と労働者の双方を含めること」の要件を満たさず、不支給のおそれがあります。中小企業では、代表取締役を同担当者とし、労働時間等設定改善委員会に出席することが安全です。

注意2. 労働時間等設定改善委員会の注意点として、議事録(ひな形等の写しは認めない)
労働時間等設定改善委員会の議事録についてひな形等の写しは認めない。としました。
議事録は似たようなものになりやすく、早く申請した方が有利だとは思います。

注意3. 様式第1号別添 働き方改革推進支援助成金事業実施計画
1 実施体制の整備のための措置の最後に※6 全ての対象事業場で実施すること。と付け加えていて、労働時間等設定改善委員会を全ての対象事業場で実施すること。なのかもしれません。
労働局へ問合せ中ですが、本店全支店で、かつ、使用者と労働者の双方で開催するということかもしれません。
なお、※6 全ての対象事業場で実施すること。は、申請書式中にはあり、申請マニュアルには抜けているというミスもあり謎が多いです。

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コース 情報その2

2020年4月11日

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コース
申請マニュアル https://www.mhlw.go.jp/content/000620207.pdf
交付要綱 https://www.mhlw.go.jp/content/000620210.pdf
支給要領 https://www.mhlw.go.jp/content/000620211.pdf
がアップされました。
下記について、注意してください。

1. 36 協定が必要となりました。
全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、労働基準法
第36 条に基づく有効な時間外労働・休日労働に関する協定(以下「36 協定」という。)
を締結・届出されていること。

2. 年次有給休暇日数の計画付与または年次有給休暇管理簿が必要となりました。
常時10 人以上の労働者を使用する対象事業場については、年次有給休暇日数の計画付与のある就業規則を提出すること。
常時10 人未満の労働者を使用する対象事業場においては、年次有給休暇が10 日以上付与される労働者全員の年次有給休暇管理簿を提出すること。

3. 助成率
3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)
前年度の職場意識改善コースであった、所定外労働の削減の未達成で1/2は無くなりました。

4. 36協定の月の時間外労働時間数の縮減
時間外労働で月60 時間以下に設定した場合、上限100 万円
※時間外労働で月60 時間を超え月80 時間以下の設定に留まった場合は、上限額50 万円
※月60 時間超80 時間以下の協定の場合に、月60 時間以下に設定:50 万円
前年度の時間外労働上限設定コースであった、当該時間外労働及び休日労働を複数月行った労働者(単月に複数名行った場合も可)がいること。は無くなりました。

5. 時間単位の年休の整備 50 万円
1年について5日の範囲などで、一定日数での運用でもよいとされました。

6. 助成上限額の加算
5%以上の賃金加算を実施した場合、労働者数に応じて上限額を加算します。
・1~3人 24万円
・4~6人 48万円
・7~10人 80万円
・11人~30人1人当たり8万円(上限240万円)
※3%以上引上げの場合は最大150万円
交付申請前1月分の賃金台帳の写しと賃金額を改定した後6月分の賃金を労働者に支給した日までの交付に必要な行為の実施状況を6月分の賃金台帳を添付して報告することが必要です。

7. 時間外労働等改善助成金との関係
「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コースは、前年度に、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請した事業主でも申請可能です。

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コース 情報その1

2020年4月8日

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コースのご案内が4/3アップしました。
https://www.mhlw.go.jp/content/000617977.pdf
申請マニュアル、要綱、要領のアップを待っていたのですが、まず、速報でお知らせします。

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コースは、前年度に、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請した事業主でも、申請可能と考えられます。

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コースのご案内が4/3アップしました。
https://www.mhlw.go.jp/content/000617977.pdf
申請マニュアル、要綱、要領のアップを待っていたのですが、まず、速報でお知らせします。

「働き方改革推進支援助成金」労働時間短縮・年休促進支援コースは、前年度に、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請した事業主でも、申請可能と考えられます。

本コースは、成果目標を達成した場合に、就業規則の作成・変更、労務管理用機器等の導入・更新、労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新等の支給対象となる取組の実施に要した経費の一部を支給します。助成率及び上限額は以下のとおりです。

1 助成率
3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)

2 上限額
成果目標の達成状況に応じて、助成上限額は変動します(最大250 万円)。
(1)36 協定の月の時間外労働時間数の縮減
時間外労働で月60 時間以下に設定した場合、上限100 万円
※ 時間外労働で月60 時間を超え月80 時間以下の設定に留まった場合は、上限額50 万円
※ 月60 時間超80 時間以下の協定の場合に、月60 時間以下に設定:50 万円
(2)所定休日の増加
所定休日増加の度合いに応じて以下の上限額
・休日が3日以上増 50 万円
・休日が2日増~1日増 25 万円
(3)特別休暇の整備 50 万円
(4)時間単位の年休の整備 50 万円

3 助成上限額の加算
上記2に加え、5%以上の賃金加算を実施した場合、労働者数に応じて上限額を加算します。
・1~3人 24万円
・4~6人 48万円
・7~10人 80万円
・11人~30人1人当たり8万円(上限240万円)
※3%以上引上げの場合は最大150万円
※詳細については、厚生労働省のHPで掲載している交付要綱及び支給要領などをご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報4/1 キャリアアップ助成金パンフレット等を更新

2020年4月1日

令和2年4月1日9時現在の
働き方改革推進支援助成金、キャリアアップ助成金、人材確保等支援助成金等の改定情報は下記のとおりです。

キャリアアップ助成金 パンフレット、支給要領を更新しました。
令和2年4月1日以降の取組についてはこちらのパンフレットをご覧ください
PDF「キャリアアップ助成金パンフレット」[5,142KB](※令和2年3月31日更新)改定しました。
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000616643.pdf

PDF支給要領(令和2年4月1日改正)改定しました。
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000616743.pdf

以下、未改定情報です。
支給申請書のダウンロード(令和2年4月1日以降の様式)リンクされていません。

共通の支給要件確認申立書は、2020.02.14版のままです。

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

令和2年度改正情報 キャリアアップ助成金改定情報

2020年3月14日

令和2年4月1日付でのキャリアアップ助成金改定情報が出ています。

正社員化コースで、支給要件の緩和です。
現行要件
正規雇用等へ転換した際、転換前の6ヶ月と転換後の6ヶ月の賃金(※)を比較して、5%以上増額していること
※ 賞与や諸手当を含む賃金の総額。
※ 転換後の基本給や定額で支給されている諸手当を、転換前と比較して低下させていないこと。

新要件
正規雇用等へ転換した際、転換前の6ヶ月と転換後の6ヶ月の賃金を比較して、以下のアまたはイのいずれかが5%以上増額していること
ア 基本給及び定額で支給されている諸手当(賞与を除く)を含む賃金の総額
イ 基本給、定額で支給されている諸手当及び賞与を含む賃金の総額(転換後の基本給及び定額で支給されている諸手当の合計額を、転換前と比較して低下させていないこと。)

その他、変更点、一部拡充を下記でご確認ください。
令和2年度以降のキャリアアップ助成金について
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000499348.pdf

人事制度等の助成金なら、やまがみ社会保険労務士事務所までお問合せください。

« 過去の記事